【お知らせ】AC播磨イーグレッツとのスポンサー契約を締結!!

 

この度koezukaは、播磨地域を拠点に活動されている女子フットサルチーム『AC播磨イーグレッツ』とスポンサー契約を締結し、支援をさせていただくこととなりました‼️

※写真中央右:弊社社長  写真中央左:弊社副社長

 

What’s AC播磨イーグレッツ》

創設は2014年。この物語は、今現在ゴレイロ(サッカーでいうゴールキーパー)で活躍されている小平紋選手(写真上)、たった1人の強い想いから始まります。

東京で育ち、小さな頃からサッカーが大好きで、進学した日本体育大学でも日々サッカーに明け暮れていた小平選手。その後、女子サッカーなでしこリーグ2部のASハリマアルビオンでフォワードとして活躍されていましたが、膝の怪我により惜しくも引退を余儀なくされました。

それでも小平選手の心の中には熱い想いがありました。

 

『ボールを蹴りたい!!!』

 

そこで、フットサルなら!とチーム探しをしましたが、どこのチームも自分の熱意に合致せず。悩んだ末、小平選手はある結論に達します。

自分で1からチームを創って日本一になろう!

漫画の冒頭であればめちゃくちゃ面白くないですか?

いわばワンピースのルフィ状態です。

 

そして海賊王を目指す小平選手は、、じゃなくて、『女子フットサル日本一』をたった1人で目指す小平選手は、運命なのか何なのか、共に戦ってくれるあるパートナーに出会います。

チームの岡田オーナー、そして現・監督である飯田智也さん(写真)です。フットサルの事に関してはほとんど知らない飯田監督でしたが、『フットサルチームを創って日本一になりたい!』という小平選手の燃えたぎる熱い気持ちを聞いてサポートを決意。

 

ここから日本一へのチーム創りが本格的に動き出したわけなのです。お2人の大変な努力や苦労があり、今ではチームメンバー13人が所属し戦っています。年齢は18歳〜30歳。姫路出身の選手は誰もおらず、全国各地から播磨のために集まっている選手たちで構成されています。

女子フットサルは兵庫県に強豪が集まっており、絶対的な強豪2チームが神戸と芦屋にあります。ここを倒さなければ日本一には辿り着けないのです。13人所属とはいえ、単純にチームメンバーの多さ、厚さで言えば雲泥の差。13試合行われることもある女子フットサルにおいては、体力勝負、チーム力の戦いと言っても過言ではないのです。

 

果たしてどう戦う、イーグレッツ!?

 

しかも、監督も選手も無償。完全ボランティア。スポンサー各社による職場提供や家賃補助、物資やサービスなどの支援により活動されています。

周りのサポートにより、週6日も練習に打ち込めています。このような女子フットサルチームは他にはありません。

 

こんなチームがあるんですよ!とご紹介いただいて支援すると決断するまで多くの時間は必要ありませんでした。同じ姫路、播磨を愛する者としてロマンを感じたのです。

そして先日、koezukaの支援としてチームタオルを作成してお渡しして参りました。

すごく喜んでいただけて幸いでした。これから試合で使用していただくのが楽しみです!

 

女子フットサルというスポーツはとてもマイナーなスポーツです。しかし、フットサルを知っている、または実際にフットサルをやった事がある、という方は多いと思います。今後オリンピック競技にも採用される可能性も多いにあるスポーツです。

AC播磨イーグレッツ』はまだまだ生まれたばかり。こんなにドラマチックで応援したくなる魅力的なスポーツチームが皆さまの播磨にあるのをご存知でしたか?

(出典:神戸新聞 2019年6月8日)

今季リーグも開幕しました。強豪相手には毎年大敗していましたが、第1戦目は最強の敵arco-iris KOBE相手に敗れはしたものの僅差で相手を追い詰めました。

『今年のAC播磨イーグレッツは何かが違う・・・』

 

これから度々koezukaでは、AC播磨イーグレッツの情報やコラボ企画が登場する予定でございます。

 

早速16日(日)17:00〜加古川にて公式戦がございます!

 

熱い何かを求めているそこのアナタ・・・

AC播磨イーグレッツに会いに行きましょう!!!